見出し画像

「素直に、サッカーってすごいな。」 親子が笑顔に変わる瞬間

クレディセゾンは、「サッカー⽇本代表とともに成⻑し続けていきたい」という想いから、2001 年よりサポーティングカンパニーとして、サッカー⽇本代表を応援しています。サポーティングカンパニーの活動の一つとして、子ども向けのイベントにも力を入れており、これまで様々な取り組みを行ってきました。

今回は、10月29日(土)、千葉県のJFA夢フィールドにて「カード会員様向けの親子サッカー教室」を企画したブランディング戦略部の吉武さんに、クレディセゾンのスポンサー活動の意義や、内容についてお話を聞いてきました。

※記事の内容は取材当時のものです。

吉武 歩(よしたけ あゆむ)
株式会社クレディセゾン ブランディング戦略部

日本から世界に羽ばたいて、チャレンジする若者を応援したい

― クレディセゾンのサッカーのスポンサー活動について教えてください。

「サッカー日本代表と共に成長し続けていきたい」という想いから、私たちは2001年より、サポーティングカンパニーとしてサッカー日本代表の活動を応援しています。1998年に日本が初めてワールドカップに出場し、その後、若い選手が海外に活躍の場を移し始めた時期でした。彼らのように「日本から世界に羽ばたいて、チャレンジする若者を応援したい」という想いもあります。また、2014年からはアジアサッカー連盟(AFC)とのスポンサーシップ契約により、アジアサッカー界も支援し、サッカーの振興や、スポーツ文化の発展に寄与できるよう取り組みを続けています。

スタジアムでのLED看板掲出の様子

親子で楽しめるサッカーへ

―  日本代表のサポート始めてから、20年以上が経ちますね。これまで、数々の子ども向けのイベントを実施してきましたが、今回新たに実施した「カード会員様向けの親子サッカー教室」について教えてください。

98年フランスワールドカップに出場された元サッカー日本代表の中西永輔さんとJリーグのチームに所属するコーチ2名をゲストにお招きして、親子で参加できるサッカー初心者や未経験者を対象としたサッカー教室です。
JFA夢フィールドという千葉市にある日本サッカー協会の施設で実施しました。この施設はSAMURAI BLUEやなでしこジャパンも実際に練習する国内最高峰のサッカー施設で、参加されたお客様にとっても貴重な機会になったと思います。

天然芝のコートでドリブル練習をする参加者様たち

― このようなイベントを企画された背景を教えていただけますか?

日本代表をサポートする企業として、サッカーファミリー(サッカーを愛する仲間)の拡大に貢献したいという想いをもって常に活動しています。今回は、これからの未来を担う子どもたちに「サッカーの楽しさを味わってもらいたい」と考え企画しました。
また、子どもたちに、サッカーを楽しんでもらうのはもちろん、一緒に参加されるお父さんやお母さんも楽しんで、ご家族皆さまでサッカーを好きになってもらえるような企画を盛り込んだイベントにしました。
こういった活動を通して、セゾンカード会員様がサッカーを楽しんだり、好きになるきっかけを作っていけたらと思っています。
そのうえで、「サッカーを応援するセゾンカード」というイメージをお客様にもっていただき、セゾンカードファンも増えたら最高です!

中西永輔さんとペアになってトレーニングもしました

本物に触れる、唯一無二の体験を

― サッカー教室の開催にあたり、こだわったポイントを教えてください。

お客様にとっての「貴重さ」と「本物感」にこだわりました。

・中西永輔さんという“元日本代表選手と一緒にプレーできる”
・Jリーグチームに所属する“本物のプロのコーチに教えてもらえる”
・JFA夢フィールドという“プロが使う本物のピッチや施設を使える”
・選手が実際に国内の移動で使用している“専用大型バス”を間近に感じられる”

これらを感じてもらうために、タイムスケジュールやお客様の導線を綿密に調整し、イベントの演出を行いました。

JFA夢フィールド見学会ではロッカールームにも入ることができました
選手が実際に乗車する専用大型バスも会場にかけつけました

― 貴重な体験ができる、これまでにないこだわりのプログラムですね!驚きました。イベント開催にあたり、苦労したことはありましたか?

サッカー教室での、実際に体を動かすプログラムの調整に苦労しました。私自身、サッカー観戦は大好きなのですが、実際の練習メニューなんて検討もつかず。。。(学生時代は野球少年だったので…笑)日本サッカー協会の職員の皆さまやコーチと打ち合わせをし、親子で楽しめる内容のプログラムにすることが出来ました。

実際にやってみると結構ハードなメニューで息も絶え絶え(それも楽しいのか笑顔ではありました)参加されているお客様もいらっしゃいましたが、指揮するコーチの熱量がほとばしっていてピッチ上は明るい雰囲気に包まれていました。
このような形で日本サッカー協会の持つサッカー資源(人材や施設等)をはじめて活用させていただけることとなり、当社としても良い機会になったと感じています。

素直に、サッカーってすごいな

― イベント中、特に印象的だった事を教えてください。

ご参加者様のサッカーをする前と後の表情が全く違っていたことが印象的でした。集合時の少々緊張した面持ちから、サッカー教室が始まってボールを扱い始めた途端、一気に明るい笑顔がはじける様子を見て、素直に「サッカーってすごいな」と思い、世界中でサッカーが愛されている理由を感じた気がしました。

また、片付けの際にコーチが「みんなでコーンを回収して!」と言うと子供が全員一目散にそこら中のコーンを奪い合うぐらいの勢いで回収していて、「このやる気、大人の私も見習わなければ!」と、子供の姿勢に何かを教えてもらったような気もしました。笑

トレーニングルームの説明を熱心に聞く子供たち

― 今回のイベントを経て、今後どのようにしていきたと思いましたか?

今後もサッカーファミリーの拡大に向けてこうしたイベントを企画していきたいと思っています。先程の練習メニューの話でも出ましたが、日本サッカー協会はたくさんのサッカー資源(人材や施設等)をもっているので活用させていただけるものを見極め、お客様に“本物”を提供する“貴重な”イベントを企画していきたいです。いつか当社のサッカー企画に参加した人の中から世界と戦う日本代表選手が生まれたら嬉しいですね!

イベント終了後に運営メンバーで

― 吉武さん、ありがとうございました! 


クレディセゾンはサッカー日本代表を応援しています。

この記事が参加している募集

#サッカーを語ろう

11,178件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!