見出し画像

【後編】女性が自らの意思でライフプランを選択できる環境をつくりたい。日本の社会課題に正面から向き合う。

毎年3月8日は国際女性デー。女性の権利を守りジェンダー平等の実現を目指すために国連が制定した日です。現在、クレディセゾンでは多くの女性が活躍しています。国際女性デーへよせて、 クレディセゾンで実際に働く女性の皆さんと活動を連載でご紹介します。

クレディセゾンは、女性活躍推進や少子化対策などの社会的課題へ取り組むことを目的に、2021年10月より、卵子凍結保管サービス事業をはじめとした、総合医療サービスを提供する「株式会社グレイスグループ」と協業しています。

自ら手をあげてグレイスグループに出向し、取り組みを進める須田さんにお話を聞いてきました。今回はインタビューの後編です。

※記事の内容は取材当時のものです。前編は以下からご覧いただけます。

須田 紗代子(すだ さよこ)
グレイスグループ出向中

卵子凍結の存在をまずは知ってほしい。不妊クリニックのハードルを下げて、誰もが使いやすいサービスへ

―グレイスグループとは具体的にどのような活動を行っていますか?

協業における第一歩として、Grace Bankやクリニックを利用される方に特別優遇金利を適用したローンサービス(MONEY CARD GOLD)を提供しています。現在は卵子凍結の利用料が全額自己負担のため、金銭的なハードルを少しでも下げるためのファイナンスサービスとして提供しています。

また、社員のヘルスリテラシー向上とサービスの認知拡大のため、クレディセゾン社内で「女性のカラダセミナー」を実施しました。セミナーでは、プレコンセプションケア(※1)と予防医療としての卵子凍結のお話をメインに、幅広い年齢層の社員に参加いただきました。「生理痛はあるのが当たり前だと思っていたけど、ないのが正常なんですね!」「若いうちから出来ることがあること、症状がなくても定期的な診察をうけることの大切さを知りました!」などの感想があり、自分自身の健康面を考えるきっかけになったのではないでしょうか。

今後も、女性が自身のキャリアやライフプランと向き合ったときに、選択肢の一つとして「卵子凍結」の存在を知ってもらえるように、またその前段として「女性のカラダ」に関する知識を備えられるように、そして不妊クリニックのハードルを下げて、誰もが使いやすいサービスになるよう、様々な取り組みを展開していきたいと考えています。

※1 コンセプションケア:将来の妊娠を考えながら女性やカップルが自分たちの生活や健康に向き合うこと。

自分事だからこそ、これまでは全く異なる環境へ挑戦できた。

―須田さんは、これまでご自身のキャリアを考えて積極的にチャレンジし、今回も自ら手をあげてご担当をされていると伺いました。なぜ手をあげようと思ったのでしょうか?

入社当初は、札幌のセゾンカウンターに配属となり、クレジットカードの募集やお客様へのご案内業務を実施していました。その後、自身の視野を広げたいと思っていたところ、渋谷パルコのリニューアルオープンメンバーの社内公募があり、これまでとは異なるエリアでの募集でしたが、思い切ってチャレンジしました。
そして、自分の年齢とキャリアを考えたときに、さらに新しいことに挑戦したいと思い、グレイスグループへの出向の社内公募に手をあげました。出向は、これまでとは全く違う環境での挑戦になるため、ハードルは高いと思いましたが、私自身が生理痛に悩まされていたこともあり、グレイスグループの事業は他人事ではないと感じましたし、将来の選択肢の一つとして卵子凍結に関心を持っていましたので、今回も思い切って挑戦してみようと思いました。

―グレイスグループへの出向が決まり、新しい環境での活動が始まりましたね。須田さんが今感じている事を教えてください。

今までクレジットカード業務に携わってきたので、全く違う新しい分野の取り組み、また働き方もクレディセゾンとは違うことが多く、戸惑う事ばかりでした。正解がないからこそ、自分のやっていることが正しいのかもわからなかったです。グレイスグループのメンバーについても、業務委託(副業)で働いている方が多く、本業がある中でグレイスグループの業務にも使命感を持って携わっていて、多種多様な働き方に驚きました。
また、毎月1回、オフラインで卵子凍結検討者の方々が集まるコミュニティを開催しており、一般の方々と体験者の方との交流の場を設けているのですが、お話を聞きに来られる方々は私より卵子凍結の知識がある方がほとんどで。。。初めて参加した際は、参加者の方からの質問に答えらず、自分の知識不足を痛感しました。まだ勉強中ではありますが、その後2回、3回と参加を重ねることで、コミュニティ参加者の方々にお答えできることが多くなってきました。参加される方の質問内容が濃く、自分自身の気付きにもなりいつも刺激をもらっています。ご参加の方に満足していただけるよう、勉強を続けていきたいと思います。

―出向してから約3カ月が経ちましたね。

まだ慣れない部分もありますが、チームのメンバーも増え、頼れるメンバーがいるので支えられています。またグレイスグループでは現在、女性特化型医療プログラム「GraceCare(グレイスケア)」を開発中なのですが、幅広い世代に喜んで利用していだだけるよう、クレディセゾンの女性社員を対象にニーズ調査のアンケートを行いました。新規事業の立ち上げに協力することができ、嬉しく思っています。

女性が生き生きと働ける環境をつくりたい

―これからどのような事にチャレンジしていきたいですか?

カード会員様向けにGrace Bankの優待を展開したり、セミナーをクレディセゾンとグレイスグループの共同で出来たらいいなと思っています。

また、東京都の社会的卵子凍結補助が話題になっていますが、企業の福利厚生として卵子凍結の導入や、福利厚生導入を検討している企業のサポートをグレイスグループで行っていきたいと思います。

まずは、卵子凍結サービスの存在を多くの方に知っていただき、女性のライフプランやキャリアプランの選択肢を広げ、生き生きと働ける環境作りが出来たら良いなと思います。

―須田さん、ありがとうございました!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!